「SNSマーケティング」とは?メリットや具体的な施策、成功事例のご紹介

2022年6月8日 | Marketing

TwitterやInstagram、FacebookといったSNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)を活用し、企業の売上やビジネスの成長につなげるためのマーケティング活動。それが、「SNSマーケティング」です。

近年はさまざまな企業が各種SNSを活用したマーケティングを展開していますが、「SNSマーケティングをどのように行えばいいか具体的なイメージが湧かない…」という方もまだまだ少なからずいらっしゃるのではないでしょうか?

そこで、「SNSマーケティングとは何か」という概要から具体的な施策例まで、詳しくご紹介していきます。

SNSマーケティングとは、端的に言うと「ソーシャルメディアを活用したマーケティング手法」のことです。

活用するのは、FacebookやTwitter、Instagramなどのツールです。従来、情報収集をするためにはインターネットで検索をするのが主流でした。しかし、特にここ数年は、若い世代を中心に情報収集の主な手段がSNSによって行われるようになりました。

SNS上で興味のあるアカウントや友人とつながっていると、自力でキーワードを入力して検索をしなくても、自動的に注目度の高い情報が流れてくるようになったのです。

このように、SNSは「拡散力があること」も魅力の一つです。ユーザーが投稿をシェア、コメントすることにより、情報は拡散していきます。 さらに、SNSは双方向のコミュニケーションが可能です。顧客とのコミュニケーションを通じてロイヤリティを向上させることもできます。SNSに登録されているユーザー情報を元にデータを収集することもできます。SNSは既に単なるコミュニケーションツールではなく、マーケティングにおいて欠かせないツールなのです。

SNSマーケティングが注目されている理由

SNSマーケティングは、なぜこれほどまでに注目され、重要度が増しているのでしょうか。その理由のひとつが、「幅広い年齢層にスマートフォン・SNSが普及し、ユーザー数が年々増加傾向にあるため」です。
2021年1月に実施されたNTTドコモ モバイル社会研究所の調査によると、日本国内でスマートフォン、ケータイの所有者のうちスマートフォン比率は92.8%。年々、日本国内におけるスマートフォン比率は増加しており、2010年には4%程度だったスマートフォンの所有比率が2015年に5割を突破し、2019年に8割を超えました。そして2021年には、ついにスマートフォンの比率が9割を超えたのです。

図:ケータイ・スマートフォン所有者のうちのスマートフォン比率 [調査対象:全国・15~79歳男女]
注1:スマホ・ケータイ所有者が回答
注2:「わからない」を除く
注3:1台目もしくは2台目にスマートフォン所有と回答した場合をスマートフォン所有として算出
出所:2010年-2021年一般向けモバイル動向調査

次に、年齢階層別ソーシャルネットワーキングサービスの利用状況についても見ていきましょう。総務省の「令和3年版情報通信白書」によると、「年齢階層別ソーシャルネットワーキングサービスの利用状況」は以下のような結果に。

全年代の約73.8%がSNSを利用している中でも、10代(13〜19歳)〜40代におけるSNS利用率は8割超となっており、多くの人がSNSを利用している状況だということが、このデータを見るとわかります。
つまり、SNSは多くの人が日常的に活用しているツールゆえに、マーケティング施策のひとつとしてもはや欠かせない要素となっているのです。

SNSマーケティングのメリットとは

SNSマーケティングにはさまざまなメリットがありますが、以下3点が具体例として挙げられます。

1.導入コストが抑えられる

SNSマーケティングは、企業にとって非常に費用対効果の高いマーケティング手法のひとつと言えます。なぜなら、

  • Twitter
  • Instagram
  • YouTube
  • TikTok
  • Facebook
  • LINE

といった有名SNSは、すべて無料で始められるからです。さらに、​​SNS広告を出稿する場合も、広告枠にもよりますが、TVCMや新聞のようなマス広告に比べると低コストで配信できるというメリットがあり、小回りの利く運用ができます。初期コストを抑えながら始められるため、費用対効果が高い施策の展開が期待できるでしょう。

2.ターゲット以外の層へも情報伝達できる

雑誌・新聞に広告を掲載する場合や、検索エンジン上の広告は、特定の狙ったターゲットにしか情報を伝達できません。しかし、SNSであれば、その拡散力の高さからさまざまな層の顧客にアプローチすることが可能です。

3.影響力が高く情報の伝達スピードが速いため、認知拡大につなげやすい

SNSマーケティングは、単なる一方通行の宣伝ではなく、運用の仕方次第では共感を生み出し、連鎖させていくことができます。そのため、いざ施策を実施してみたところ、想定を遥かに超えるような「バズ=拡散」が起きることも決して珍しくありません。

さらに、情報を素早く周知することに関しても圧倒的な効果を発揮します。情報をリアルタイムで発信できるだけでなく、発信した情報の反応も素早く確認することができます。

そのほかにも「ブランディング効果」や「顧客ロイヤルティの醸成」といったメリットが挙げられる一方で、SNSマーケティングにはデメリットも。「炎上のリスクがある」点や、「担当者のリテラシーが求められる」点などには注意が必要です。

「広く拡散されること」はSNSのメリットですが、拡散されるのはポジティブな情報だけではありません。誤解を招きやすい内容や、批判の対象の的になるような内容の投稿により、ネガティブな情報があっという間に広がってしまう場合も。

こういったトラブルを未然に防ぐためにも、SNSにおけるマナーや情報の扱いに関するモラル、セキュリティ意識などを正しく理解することが大切です。

SNSマーケティングにはどんな施策があるの?

具体的な施策の中から、5つの施策例の概要を解説します。

1.SNSアカウント運用

まず、もっとも低コストで始められる施策が「SNSアカウント運用」です。

SNS上に企業の公式アカウントを開設し、担当者が運用することで、企業の製品・サービスに関するプロモーションやユーザーとのコミュニケーションなどを行うことができます。公式サイトやプレスリリースなどは、企業からユーザーへの一方向の情報発信ですが、SNSは企業・ユーザーが双方向になっているのが大きな特徴です。企業はユーザーの反応をリアルタイムで見ることができ、ユーザーは企業やブランドに親しみ・愛着を感じ、より深く商品・サービスに興味を持ったり、愛用するきっかけにつながります

2.SNS広告

SNSプラットフォーム(Twitter、Instagram、YouTube、TikTok、Facebook、LINEなど)は、それぞれのSNS独自の広告配信サービスを保有しています。画像・動画を用いた広告をユーザーに見せることができるため、訴求力が高く、テキスト広告(リスティング広告)と比較するとSNSユーザーの興味・関心を高めやすいというメリットがあります。

また、年齢や性別、職業、趣味など、詳細なターゲティングによりSNS広告を配信することもできます。そのため、狙ったターゲット層へ高い精度で情報発信ができる点もSNS広告を配信する魅力のひとつ。配信期間や予算も柔軟に設定でき、突発的な企画で広告を配信したり、緊急で広告を止めたいといった場合もすぐに対応できます。

3.インフルエンサーマーケティング

「インフルエンサーマーケティング」は、SNS上で多くのフォロワー・ファンを有する人(=インフルエンサー)の影響力をマーケティングに活用する手法です。

具体的には、チャンネル登録者数が多いYouTuberやフォロワー数の多いインスタグラマーなどに依頼し、

  • 自社の店舗やイベントに来店してレビューしてもらう
  • 自社の商品を使っている動画を配信してもらう
  • 新商品開発の監修を依頼する
  • アンバサダーとして長期的なパートナーシップを結ぶ
  • ライブ配信により商品販促を行う(ライブコマース)

……といった施策を実施するのがインフルエンサーマーケティングです。インフルエンサーによっては、数十万人・数百万人規模のファン・フォロワーを抱えているため、その影響力は絶大。「企業」ではなく、インフルエンサーという「消費者」を主軸とした情報発信のため、広告臭が少なく口コミによる拡散も生まれやすい点も特徴と言えます。

4.SNSキャンペーン企画

「SNSキャンペーン企画」は、SNS上でユーザー参加型のイベントを企画し、認知度や集客力を高めるための手法です。

具体的には、

  • 特定のハッシュタグをつけた投稿を促す
  • 商品写真を投稿すると抽選でプレゼントがあたる
  • 大喜利などのコンテスト形式で投稿を促す

…といったキャンペーン活動を行うことで、以下のような効果が期待できます。

  • 自社SNSアカウントのフォロワー獲得
  • 自社ブランドに関する写真・動画投稿(UGC)の増加
  • 自社キャンペーン情報の拡散
  • 店舗やイベントへの来店促進

新規顧客獲得はもちろん、既存のファンへの顧客ロイヤルティを高める手法としても取り入れることができるのが、SNSキャンペーンの特徴です。ユーザー自身が参加することで商品・サービスへの愛着を深めたり、その投稿を見た他のフォロワーが影響を受けて商品・サービスを購入・利用するといった効果があります。

5.ソーシャルリスニング

主にSNSを通して消費者の意見収集を行うビッグデータ活用手法が、「ソーシャルリスニング」です。

例えば、自社製品・サービスについてTwitter上ではどのようなことが呟かれているか、Instagram上ではどんなハッシュタグとともに写真・動画が投稿されているかなど、SNS全体を俯瞰した意見や情報の収集ができる点が特徴です。

ソーシャルリスニングは前述の4つのSNSマーケティング手法において、最適な打ち手を選択するための判断材料として現状・施策結果の把握をする重要な役割を担っています。マーケティングリサーチだけではなく、SNSマーケティングを行う上での基礎となる手法です。

企業側主体のアンケート調査と大きく異なるのは、ソーシャルリスニングではユーザーの自由かつ率直な意見を吸い上げることができる点です。

  • ブランドや製品、サービスの評判やイメージ、口コミ内容の把握による改善活動
  • ユーザーの顕在ニーズの把握と「潜在ニーズ」の読み取り
  • 広告配信やプロモーションの効果測定と分析
  • 業界トレンドの把握と予測
  • 競合他社分析、SOV(シェア・オブ・ボイス)を把握した施策展開
  • 炎上や風評被害へのリスク対策

……など、データを元にした様々な施策に活用することができます。

プラットフォーム別の施策例のご紹介

Twitter

月間アクティブユーザー数:
4500万人(2017年10月時点)※参考:https://twitter.com/TwitterJP/status/92367103675895808

概要:
日々のつぶやきのメッセージを最大140文字以内という制限をつけて投稿するアプリで、1アカウント=1ユーザー同士が相互に繋がり、手軽な個人メディアのツールとして普及

メイン利用年代層:
10〜30代

効果的な施策案:
Twitter公式アカウント運用、Twitter広告、Twitterキャンペーン企画 など

Twitter運用のポイント:
Twitterで最も利用されている検索方法は「キーワード検索」です。企業がTwitterを利用する際には、「検索されやすい」キーワードを意識して情報を発信しましょう。また、Twitterは一度の投稿につき最大140文字という文字数制限があります。長文の発信ができないため、タイムラインの流れが早く、投稿が少ない場合に投稿を見られる前に流れてしまうこともあります。そのため、何気ない情報も含めて、投稿数を増やすことを意識しましょう。

Instagram

月間アクティブユーザー数:
3300万人(2019年3月時点)

参考:

https://about.fb.com/ja/news/2019/06/japan_maaupdate-2/

概要:
写真や動画を共有することで人と人がより身近に繋がることのできるコミュニティづくりを提供しているアプリ

メイン利用年代層:
10〜30代 ※参考:https://www.soumu.go.jp/main_content/000765258.pdf

効果的な施策案:
Instagram公式アカウント運用、Instagram広告、Instagramキャンペーン企画、インフルエンサーマーケティング など

Instagram運用のポイント:
Instagramは写真や動画の投稿がメインです。購買行動への影響力が強く、購買の意思決定のための情報ツールとして活用されています。また、商品の認知度を上げるうえで、公式アカウントの運用は購買促進になり効果的です。ただし、質の悪い画像を投稿することは逆効果見栄えの良さを重視したコンテンツを投稿することが大切です。

Facebook

月間アクティブユーザー:
2600万人(2019年7月時点)※参考:https://japan.cnet.com/article/35139021/

概要:

実名登録が義務付けられているコミュニティアプリで、現実の“つながり”をネット上で再現するためのサービスとして普及

メイン利用年代層:
20〜50代

効果的な施策案:
Facebookページの運用、Facebook広告 など

Facebook運用のポイント:
日本においてはビジネス層である30代〜50代のユーザーが多く、特に50代男性の48%に利用されています。仕事関係の相手とのコミュニケーションのために利用するユーザーも多いプラットフォームです実名制のため、Facebook広告は正確性の高いユーザー登録情報を活用したターゲティングを実施できることが強みです。さらに、広告クリエイティブのフォーマットや配信面も豊富なので、広告予算や目的に応じてFacebookのアルゴリズムが働き、最適な場所に広告を自動配信させる「自動配信機能」を利用すると広告施策の効率化も可能です。

LINE

月間アクティブユーザー:
8900万人(2021年7月時点)
参考:
https://www.linebiz.com/sites/default/files/media/jp/download/LINE%20Business%20Guide_202107-12.pdf

概要:
ユーザー同⼠であれば国内・海外、通信キャリアを問わず、無料で⾳声・ビデオ通話・チャットが楽しめるコミュニケーションアプリ

メイン利用年代層:
10〜50代

効果的な施策案:
公式アカウント運用、LINEプロモーションスタンプ、LINE広告、デジタル販促施策 など

LINE運用のポイント:
LINEは公式アカウントを設置することでユーザーと「友だち」としてつながることができます。TwitterやInstagramの公式アカウントと大きく異なるのは「チャットボット」を設置できる点。チャットボットとは、人間同士のような自然な会話ができるロボット(プログラム)によってユーザーとチャットをする仕組みのことです。チャットボットを利用すれば、企業やブランドとユーザーとの会話ができ、関係性構築に役立ちます。

YouTube

月間アクティブユーザー:
6500万人(2020年9月)
参考:https://www.thinkwithgoogle.com/intl/ja-jp/marketing-strategies/video/youtube-recap2020-2/

概要:
動画配信市場において世界No.1のシェアを持つ動画配信のプラットフォーム。YouTuber(ユーチューバー)と呼ばれる動画配信者のチャンネルを登録するフォローの仕組みがあり、コメントなどで交流もできることから、YouTubeは「動画SNS」とも呼ばれる。

メイン利用年代層:
10〜40代

効果的な施策例:
公式チャンネル運用、YouTube広告、インフルエンサーマーケティング(YouTuberとのコラボレーション)

YouTube運用のポイント:
YouTubeは他のSNSとは異なり、公式チャンネルに投稿した動画はストック型の情報として蓄積されていきます。商品の使い方やブランドの魅力を伝える動画プラットフォームとして、企業による活用も活発です。また、お気に入り登録をしてもらえば、ユーザーにいつでも動画コンテンツを視聴してもらうことができます

また、YouTubeで人気のクリエイター(=YouTuber)に動画内でブランドや商品を紹介してもらう施策も活発に行われていますが、ユーザーにとってYouTuberの企業タイアップ企画が馴染みのものになる一方、ユーザーは企画タイアップに慣れてしまっているという側面も。タイアップをするクリエイターの検討時は、自社の商品やブランドとの親和性や、クリエイターに商品のポイントをよく理解してもらうコミュニケーションも必須です。

さらに、各SNSを単体で利用するだけでなく、YouTubeとTwitter、FacebookとInstagram……といったように、組み合わせて運用すると相乗効果が得られる場合も。例えば、運用しているTwitterアカウントでYouTube動画のリンクをシェアし、動画視聴への導線をつくるといった施策も効果的です。

SNSマーケティングに成功した企業事例のご紹介

さまざまなSNSマーケティング事例の中から、SNSを有効活用している企業の事例をほんの一部ですがご紹介します。

1.Twitterを活用した企業の成功事例

大手コンビニエンスストアチェーン3社の中で、一番Twitterのフォロワー数が多いのはどのコンビニかご存知ですか?正解は、ローソンのアカウントです。フォロワー数は堂々の約652.3万人(2022年2月現在)で、セブン-イレブン・ジャパン(約411.6万人・2022年2月現在)やファミリーマート(約387.2万人・2022年2月現在)に大きく差をつけています。

ポイントのひとつが、ローソンのTwitterアカウントは「あきこちゃん」というキャラクターが発信している…ということになっている点。「20歳の大学生で、新発売のデザートやお菓子をチェックしたり、お客さんやほかのスタッフとお話したり、ローソンで楽しくバイトをしている」…というキャラ設定により、親しみやすさが湧きますよね。

また、新商品や人気商品の紹介ツイートも頻繁に発信されているため、フォロワーは普段手に取らないコーナーの商品情報もキャッチすることができます。

さらに、「アカウントのフォロー&RT(リツイート)で抽選1万人に◯◯が当たる!」といったキャンペーンを打つことにより、さらに拡散力が増しています。この記事を読んでくださっているあなたも、一度はローソンのキャンペーン情報をTwitterで目にしたことがあるのではないでしょうか?

2.Instagramを活用した企業の成功事例

マスコミ業界の中でInstagramを上手く活用している代表ともいえる事例が、テレビ朝日の『家事ヤロウ!!!』の公式アカウントです。

『家事ヤロウ!!!』は家事の超初心者でも美味しい料理が作れる簡単レシピや、100均グッズを使った掃除方法などを紹介する人気バラエティ番組です。

Instagramでのフォロワー数は、約239.1万人(2022年2月現在)。実は、このフォロワー数は日本のテレビ番組の公式アカウントの中で最多なのです。

なぜこれほどまでに人気を博しているかというと、番組で紹介したレシピや家事の情報を惜しみなくInstagram上に公開していることが要因のひとつ。番組の視聴者が「この料理を作ってみたい!」と思い立った時に、すぐ見られる動線が用意されているのが魅力です。

また、投稿されている写真は、いわゆる「映え」が徹底されているため、見るだけでお腹が空いてしまいそうになることも。計算し尽くされたコンテンツづくりがなされているので、非常に参考になる事例です。

3.Facebookを活用した企業の成功事例

有機・無添加食品やミールキットなどの通信販売を手がけるオイシックス・ラ・大地は、Facebook広告のメリットである「細かいターゲティングとターゲットに合わせた効果的な広告運用」を行うことにより、成果を上げた代表的な企業です。オイシックス・ラ・大地のターゲット層である30代~50代の主婦層に対して、「いいね!」や「行動履歴」を分析した上で、ターゲットの選定を行い、サービスの分かりやすさを重視しお得感をアピールする広告の運用を実施した結果、サイトへの訪問者が1.7倍にまで増加したそうです。

SNSアカウント運用のコツや注意点について

1.SNSマーケティングを行う目的の明確化

SNSを運用する上で、何を目的にどんな運用をすればいいのか明確ではないまま始めている方も多いようですが、企業として運用するからには、目的を設定して戦略的に運用しましょう。「認知度を高めるため」「SNSから自社商品・サービスの購入に結びつけるため」「自社のホームページへのアクセスを促すため」など、目的は企業によって異なります。目的を設定し、その目的を達成する上で最適な手段での運用を心がけましょう。

2.KPIを設定しよう

企業SNSの運用担当者は、SNSにおけるKPI指標としてよく用いられる要素を知り、それらを定期的にチェックし達成度を基に見直していく必要があります。

SNS運用で設定するKPI指標といえば、主に以下が挙げられます。

  • アカウントのフォロワー数
  • 投稿に付けられるいいね!の数
  • リンククリックや動画視聴、リンク先からの購入などのエンゲージメント数
  • 成果獲得に至るまでのコスト(CPA)

ただし、これらはKPI指標のほんの一部。また、運用するSNSによっても指標の項目は異なります。

(例1)Twitterの主なKPI指標

・フォロワー数…アカウントの成長を検証する重要な指標

・エンゲージメント率…「リンククリック」「リツイート」「リプライ」「フォロー」「いいね!」の数をインプレッション数(投稿の表示回数)で割った値

・オーディエンスデータ…ユーザーの投稿内容などから分析したオーディエンスデータの確認ができます。ターゲティングがうまくいっているかを確認する指標となる

(例2)Facebookの主なKPI指標

・「いいね!」の数…Facebookページへの「いいね!」は、他SNSでいうフォローにあたり、アカウントの成長を測る指標として重要

・リーチ数…Facebookページの各投稿を閲覧したユーザー数。「いいね!」が多くても、リーチが少ない場合は投稿のクオリティを見直す必要アリ

・各投稿のエンゲージメント率…リーチの人数に対する「いいね!」「コメント」「シェア」「投稿のクリック」を行った人の割合

・「いいね!」をしているユーザーの属性…インサイトの「利用者」からチェック可能です。ターゲティングが適切に行えているかを測る指標となる

自社の目的に適したKPIが設定されていることや、KPIの本質を押さえられているかどうかを踏まえ、運用するSNSを検討しましょう。

3.媒体ごとの特徴を捉え、活かそう

数々のSNSが生まれ、利用されている中で、それぞれの媒体は他媒体との差別化や独自性を高めるために日々積極的な機能開発アップデートを行っています。特に近年は、人々の生活様式や意識に大きな変化がみられており、それに対応するようにアップデートを行う傾向にあります。

こうした背景から、2022年のSNSマーケティングにおいては、各媒体の特性を的確に捉え、ユーザーとどのようなコミュニケーション設計を行うべきか、また、自社にとって最適な施策とは何なのかを考えていく力が求められます。

まとめ

今回は、SNSマーケティングのメリットや各媒体の特徴、成功事例などについてご紹介しました。今後のSNSマーケティング施策設計の一助になれば幸いです!

YOAKEでは、SNSマーケティング戦略の立案や運用方法のコンサルティングといったご相談を承っております。

もしもお困りのことがございましたら、お気軽にお問い合わせください。

デジタルマーケティングでお悩み・お困りの方は、
YOAKEにお気軽にご相談ください。

お問い合わせはこちら

\この記事をシェアする/

コメントを残す

コメントを残す

最近の投稿

ディスプレイ広告でCPC(クリック単価)を下げることを目的にしてはいけない理由。

ホームページへの集客を行う上で最も簡単に始められるものがディスプレイ広告です。バナーやテキストを登...

Read more
MA?DMP?WEB接客ツール?ツールを導入する際に検討すべき最優先事項。

現在、デジタルマーケティングを行うにあたり、マーケティング担当者はUX(顧客体験)や広告のPDCA...

Read more

会社概要資料請求

YOAKEの説明資料をダウンロード頂けます。
※ フォームより必要事項を記入し送信していただくとメールが自動配信されます。メールに記載されたパスワードをダウンロードページに入力すると資料がダウンロード頂けます

個人情報の取扱いについてご同意いただいた上で、送信ボタンを押してください。

About YOAKE

Phone: 03-6873-6202
Email: sales@yoake-tokyo.jp
営業時間: 月〜金: 10:00〜17:00
住所: 〒155-0031 東京都世田谷区北沢2-27-9

YOAKE INC. ALL RIGHTS RESERVED © 2020